ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - シリーズXIIチャンピオン発表

2019年10月3日

1002-2.png

アボット・ワールドマラソンメジャーズ -マラソンにおける世界のエリートシリーズ- は、2019 BMWベルリンマラソンの結果を受け、シリーズXIIチャンピオンの栄冠を授与する選手を発表しました。

エリウド・キプチョゲは、2018 BMWベルリンマラソンで2:01:39の世界新記録をマークし男子シリーズを華麗にスタートしました。その後のVirgin Moneyロンドンマラソンでは大会記録を出して優勝し、リーダーボードのトップの座を射止め、4年連続のシリーズタイトルを確保しました。

エリート女子レースでは、同じケニアのブリジット・コスゲイが、2018 Bank of Americaシカゴマラソンおよび2019 Virgin Moneyロンドンマラソンでの優勝を受け、初のアボット・ワールドマラソンメジャーズタイトルを手にしました。

アボット・ワールドマラソンメジャーズのエグゼクティブディレクターであるティム・ハジマは、「アボット・ワールドマラソンメジャーズのシリーズXIIはハラハラドキドキのフィニッシュや世界記録、そして新たなスターの誕生と、盛りだくさんの内容でした。昨年9月のベルリンにおけるキプチョゲの世界記録更新や、昨年のベルリンから今年のベルリンまで続いたマニュエラ・シャーの全戦全勝のような際立った瞬間は、シリーズを通して我々が目にした素晴らしい選手たちをより印象付けるものです。アボット・ワールドマラソンメジャーズは、世界のベストアスリートが競い合うシリーズです。」とコメントしました。

車いすシリーズは、21歳の新たな男子チャンピオン、アメリカのダニエル・ロマンチュクが誕生し、最も記憶に残る戦いとなりました。各メジャー大会で経験豊富な選手たちに挑んだロマンチュクは、4大会(Bank of Americaシカゴマラソン、TCSニューヨークシティマラソン、ボストンマラソン、Virgin Moneyロンドンマラソン)で優勝を収めました。またロマンチュクは、アメリカ人男子選手として初めてニューヨークシティとボストンを制しました。

スイスのマニュエラ・シャーはこの1年間で、想像を超える偉業を成し遂げました。シャーは、2018年ベルリンから2019年ベルリンまでのシリーズにおける7大会全てにおいて、他の選手をしのぐ力強い走りを見せ、勝利を収めました。これらの勝利には、2018年BMWベルリンマラソンでの世界記録樹立や、TCSニューヨークシティマラソンと東京マラソンでの2年連続優勝、シカゴでの初優勝も含まれています。
シャーの並外れた功績を称えるべく、ゴールドでできた特製のSix Star Finisherメダルが授与されました。全てのレースで連続優勝した選手は未だかつていませんでした。

アボット・ワールドマラソンメジャーズは、マラソン競技におけるシャーの不屈の精神、復元力、成功についてドキュメンタリーで紹介していますので、こちらの動画をご覧ください。

エリート男子シリーズでは、レリサ・デシサとビルハヌ・レゲセはシリーズ獲得ポイント41ポイントと同点となったため、レースディレクターの投票によりデシサが2位となり、レゲセは3位となりました。
デシサは昨年11月のTCSニューヨークシティマラソンを制し、続くボストンでは、僅差で2位となっています。レゲセは春のレースの幕開けとなる東京で優勝し、シリーズ最終戦のベルリンを2位で締めくくっています。

エリート女子シリーズでは、東京マラソン2019での優勝と2018年ベルリンマラソンでの2位フィニッシュにより、エチオピアのルティ・アガが2位となりました。3位の座は、TCSニューヨークシティマラソンとVirgin Moneyロンドンマラソンで2位となったケニアのビビアン・チェルイヨットが射止めました。

2019 BMWベルリンマラソンの男子車いすレースを制したスイスのマルセル・フグは、2度の優勝(東京マラソン2019と2019 BMWベルリンマラソン)、2度の2位フィニッシュ(Bank of AmericaシカゴマラソンとTCSニューヨークシティマラソン)、2度の車いすボーナスポイント獲得(東京とベルリン)という素晴らしいシーズンを終え、シリーズ2位となりました。
カナダのブレント・ラカトスは2018年ベルリンでの優勝およびVirgin Moneyロンドンマラソンでの2位フィニッシュにより、シリーズ3位に入りました。

車いす女子シリーズにおいては、アメリカのタチアナ・マクファーデンは、ニューヨークシティ、東京、ボストン、ロンドンの4大会における2位フィニッシュおよびニューヨークシティでのボーナスポイント獲得によりシリーズポイント72点を獲得し、2年連続の2位となりました。
オーストラリアのマディソン・デロザリオは、シカゴでの2位フィニッシュおよびボーナスポイント、そしてボストン、ロンドン、ベルリンでの3位フィニッシュにより、シリーズ3位の座を射止め、初のトップ3に入りました。

シリーズXIIIの初戦となるBank of Americaシカゴマラソンは、2019年10月13日開催です。

アボット・ワールドマラソンメジャーズ シリーズXIIの構成大会は下記の通り:
2018 BMWベルリンマラソン [大会後レビュー]
2018 Bank of Americaシカゴマラソン [大会後レビュー]
2018 TCSニューヨークシティマラソン [大会後レビュー]
2019 東京マラソン [大会後レビュー]
2019 ボストンマラソン [大会後レビュー]
2019 Virgin Moneyロンドンマラソン [大会後レビュー]
2019 IAAF世界選手権マラソン (女子のみ)
2019 BMWベルリンマラソン [大会後レビュー]

各カテゴリーのトップ3選手

エリート男子
marathon-m.png

エリート女子
marathon-w.png

エリート車いす女子
wheel-w.png

エリート車いす男子
wheel-m.png

Series XII-BlueBox-wCities.jpg

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • ウェスティンホテル&リゾート
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • ウェスティンホテル&リゾート
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社