ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - 2018 TCSニューヨークシティマラソン 大会後レビュー

2018年11月8日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

マラソンレビュー:女王メアリーがニューヨークの王座を再び奪還

1108-awmm-1.jpg

メアリー・ケイタニーが圧倒的なパフォーマンスを見せ、太陽の光がさんさんと降り注ぐニューヨークで4度目のTCSニューヨークシティマラソン優勝タイトルを獲得しました。
36歳のケニア選手は、2017年ニューヨークシティマラソンでシャレーン・フラナガンに敗れ、今年4月のロンドンでは世界記録更新に失敗しましたが、それを乗り越えて優勝者へと返り咲きました。
6ヶ月前のロンドンでは、レース序盤で他の選手を引き離そうとしたケイタニーでしたが、今回はペース配分をもう少し計算し、20-25km地点まで待ってから強烈なスパートをかけ、これには誰も付いて行けませんでした。
ロンドンのチャンピオンであるビビアン・チェルイヨットはケイタニーを追いかける集団からも離れましたが、そのままケイタニーに追い付くチャンスを残しつつレースを続けました。ケイタニーはこれで、AbbottWMM大会における表彰台フィニッシュ(3位以内)を10回目となり、2019年3月の東京マラソンまでしばし中断となるシリーズXIIの前半でリーダーボードトップにつけました。
ケイタニーは驚愕の速さを見せ、17、18、19マイルのスプリットは全て5分を切っており、彼女に引き離されまいと食い下がっていたRahma Tusaに、致命的なダメージを与えました。
エチオピアのTusaは、それまでの努力が仇となり、チェルイヨット、そしてディフェンディングチャンピオンのシャレーン・フラナガンにも追い抜かれ、表彰台を逃しました。
ケイタニーの2:22:48というタイムは、ニューヨークの困難なコースで優勝した女子選手の中で歴代2番目の速さです。

男子レースでは、レリサ・デシサがレース終盤で驚くべき強さを見せ、2013年、2015年のボストン優勝タイトルに加え、ニューヨークシティでの勝利を収めました。
デシサの今までのニューヨークでの戦績では、昨年の3位という結果がベストで、今年4月の極寒のボストンでは、35km地点で途中棄権しています。彼は今回、見事に復活を遂げたのです。
レース序盤はデシサと同じエチオピアのShure Kitataがリードする中レースが進み、最終的に、5人の先頭集団をそぎ落としにかかったのは、ディフェンディングチャンピオンのジョフリー・カムウォロルでした。
しかしデシサは、逃げ切ろうとするケニアのカムウォロルに食い下がりました。カムウォロルは、早朝の寒さから頭を守るべく帽子を被っていましたが、デシサが決定的動きに出ると同時にそれを脱ぎ捨てました。
2人がコロンバスサークルに近づく頃、デシサがカムウォロルに試練を課し、カムウォロルはこれに対応することができませんでした。フィニッシュまでの最後の道のりへとセントラルパークに足を踏み入れる前に、ハーフマラソン世界チャンピオンの姿は消えていました。Kitataは猛スピードでカムウォロルを抜き去り果敢にデシサを追いましたが、28歳のデシサは上り坂でも粘りの走りを見せ、2:05:59でフィニッシュテープを切りました。

原文はこちら

車いすマラソンレビュー:シャーがアップヒルの戦いを征し表彰台のトップに上り詰める

1108-awmm-2.jpg

マニュエラ・シャーがアボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)の女子車いすシリーズXIIでの優勢を維持し、3戦目にして3勝目を挙げ、TCSニューヨークシティマラソンのタイトルを保持しました。
スイスのスターは現在、ベルリン、シカゴ、ニューヨークでの勝利により圧倒的リードでリーダーボード首位に立っていますが、今回の勝利は、あらゆる努力の結果として手に入れたものでした。
33歳のシャーは、終始、最大のライバルであるタチアナ・マクファーデンとの接戦を強いられました。アメリカのマクファーデンは、ニューヨークでの6度目の優勝を掴むべく、20km地点のスプリント勝負でシャーを僅差で交わし、ボーナスポイント8点を獲得。その後も2人は先頭を交代しながら、レース後半も激しい攻防戦を続けました。
一方が相手を引き離すともう一方が食い下がり、一進一退の攻防戦が続きましたが、セントラルパークの木陰に入る頃、シャーが遂にその流れを断ち切りました。
シリーズXIチャンピオンのシャーは、AbbottWMMレースにおいては、ほとんどの場合できるだけ早い段階で対戦相手たちを引き離し、大差を付けて優勝しています。
しかし今回は、激しい攻防戦を征しトップとなった初めてのレースであり、かつ、上りの多いニューヨークでの強さに定評のあるマクファーデンにも対応できる実力を証明するレースとなりました。
シャーが最後の勝負に出てマクファーデンを引き離した時には、既に35km地点を越えており、フィニッシュラインを通過するシャーの顔には込み上げる感情が刻まれていました。
昨年悠々と優勝しシリーズXIのタイトルを確実にした東京のレースが近づく今、2年連続のシリーズタイトルを獲得するためにシャーがやるべきことは一つです。

男子レースではDaniel Romanchukが、10月のBank of Americaシカゴマラソンでの優勝がまぐれではないことを証明しました。
20歳のアメリカ人選手は、マルセル・フグとデヴィッド・ウィアーと26マイルに渡る接戦を繰り広げた後、あの巨大な腕でギアを切り替えスプリント勝負に出て、TCSニューヨークシティマラソンでの初タイトルを獲得しました。
Romanchukの圧倒的なスパートに、フグとウィアーは為す術なく引き離されました。これは、長きに渡りヨーロッパが保持してきた男子車いすレースにおけるパワーバランスが、大西洋を越えて傾き始めていることを示唆したものでした。
Romanchukは、シカゴでもそうだったように、20km地点のスプリントでボーナスポイント8点を獲得しました。つまり彼は、この2大会で66ポイントを獲得したことになります。これらのポイントがベルリンで獲得していた1ポイントに加わり、このまま行けば彼がシリーズを征する選手になりそうです。
Romanchuk以外でシリーズXIIにおける勝利を挙げているのはカナダのBrent Lakatosです。ベルリン優勝者の彼はシリーズが東京へと続く中、進化を遂げてレベルアップしたRomanchukと対戦することになるでしょう。

*男子車いすレースには日本からも多くの選手が出場し、鈴木朋樹選手が日本人トップの6位でした。

原文はこちら

■過去の関連記事
2018 TCSニューヨークシティマラソン 大会プレビュー
2018 TCSニューヨークシティマラソンが男子エリート選手を発表
2018 TCSニューヨークシティマラソンが女子エリート選手を発表
2018 TCSニューヨークシティマラソンがディフェンディングチャンピオンの出場を発表
デジレ・リンデンの2018年TCSニューヨークシティマラソン出場が決定

Series XII-BlueBox-wCities.jpg

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール