ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - 2021 TCSニューヨークシティマラソン大会後レビュー

2021年11月10日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

AbbottWMMシリーズXIIIチャンピオンたちの栄誉を称える

awmm1110_series-champs-story-header.jpg

アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)は、シリーズXIII最終戦となったTCSニューヨークシティマラソンでのスリリングなレース結果を受け、女子マラソンシリーズで初めて、同時に2名のチャンピオンが誕生しました。

今シリーズにおいて2大会で優勝し50ポイントを獲得する結果となったケニアのジョイシリン・ジェプコスゲイとペレス・ジェプチルチルは、2人揃ってシリーズ優勝者となりました。

ジェプコスゲイは2019年のニューヨークシティマラソンで圧巻の走りを見せ、レジェンドランナーのメアリー・ケイタニーを下しました。素晴らしいマラソン初優勝の後、2021年10月のロンドンでは、世界記録保持者のブリジット・コスゲイを下し再び優勝を収めました。

しかしジェプチルチルも負けてはおらず、今年夏の東京オリンピックマラソンにおいて、コスゲイを下し優勝し、シリーズ王者候補として名乗りを上げました。

シリーズタイトル獲得のためには、優勝しかないことを知りながらニューヨークに挑んだジェプチルチルは、スリリングなスタイルで目標を実現してみせました。

フィニッシュまでのスプリントで2位のビオラ・チェプトゥーに5秒差を着け優勝したジェプチルチルは、現代の女子マラソン界を席巻する新アスリートとしてのポジションを確固たるものとし、AbbottWMMのレースディレクター6人は史上初めて、ジェプチルチルとジェプコスゲイのどちらもシリーズチャンピオンにふさわしいとして、両名を称える結論に至りました。

awmm1110-01.jpeg
- ペレス・ジェプチルチルが2021 TCSニューヨークシティマラソンで優勝 -

ケニアにとって喜ばしいことはこれだけではなく、2021 TCSニューヨークシティマラソン男子レースを制したアルバート・コリルが、男子シリーズチャンピオンとなりました。

2019年のニューヨークで2位となっていたコリルは、今回の優勝により、リーダーボード2位のシサイ・レマに7ポイント差をつけてトップの座につきました。

そして、ケニアのビンセント・キプチュンバが男子シリーズ3位となりました。

awmm1110-02.jpeg
- アルバート・コリルがAbbottWMMのティム・ハジマとアボットのクリス・ミラーからシリーズXIIIのトロフィーを受取りました -

車いすシリーズXIIIは、スイス勢が制覇しました。マニュエラ・シャーは、獲得可能ポイントとして最高得点となる5大会分の優勝ポイントと3大会分のボーナスポイントを獲得してシリーズを席巻し、3シリーズ連続となるシリーズ制覇を成し遂げました。

タチアナ・マクファーデンはリーダーボード2位という結果になりました。パラリンピックで金メダルを獲得したオーストラリアのマディソン・デ ロザリオは、TCSニューヨークシティマラソンでも優勝し、リーダーボード3位に浮上しました。
2021年の怒涛のレースシリーズを先導してきたマルセル・フグは、パラリンピックマラソンに続きベルリン、ロンドン、ボストン、そして最終戦のニューヨークも制し、車いす男子シリーズの王座に返り咲きました。

アメリカのダニエル・ロマンチュクはシリーズリーダーボード2位、イギリスのデイビッド・ウィアーが3位となりました。

awmm1110-03.jpeg
- マニュエラ・シャーとマルセル・フグにシリーズXIIIトロフィーを授与 -

AbbottWMMエグゼクティブディレクターのティム・ハジマは、「遂に今日、シリーズXIIIが、とてもエキサイティングな結末で完結しました。女子エリートシリーズでは史上初めて、2名のチャンピオンが誕生し、現在の女子マラソン界の強さを示す結果となりました。2019年Bank of Americaシカゴマラソンでシリーズがスタートして以来の長い道のりでしたが、結果的に、最も激しい優勝争いが繰り広げられました。来年の東京で開幕するシリーズXIVが待ち遠しいです。」とコメントしました。

来年3月の東京マラソンでスタートするシリーズは、カレンダー通りの1年周期シリーズとなり、来年11月のTCSニューヨークシティマラソンで完結します。

女子マラソン

順位 選手 ポイント 賞金
1 Peres Jepchirchir 50 $150,000
2 Joyciline Jepkosgei 50 $150,000
3 Brigid Kosgei 50 $25,000

男子マラソン

順位 選手 ポイント 賞金
1 Albert Korir 41 $250,000
2 Sisay Lemma 34 $50,000
3 Vincent Kipchumba 32 $25,000

女子車いすマラソン

順位 選手 ポイント 賞金
1 Manuela Schär 149 $50,000
2 Tatyana McFadden 97 $25,000
3 Madison de Rozario 50 $10,000

男子車いすマラソン

順位 選手 ポイント 賞金
1 Marcel Hug 149 $50,000
2 Daniel Romanchuk 131 $25,000
3 David Weir 66 $10,000

最新のシリーズXIIIリーダーボードはこちら

原文はこちら

■関連記事
2021 TCSニューヨークシティマラソン プレビュー

awmm13.png

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

  • 東京地下鉄株式会社
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社バスクリン
  • 凸版印刷株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • 綜合警備保障株式会社
  • Premier Partner
  • 東京地下鉄株式会社
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社バスクリン
  • 凸版印刷株式会社
  • Supporting Partners
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • 綜合警備保障株式会社