ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - 2021 Virgin Moneyロンドンマラソン 車いすマラソン大会後レビュー

2021年10月7日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

スイスの2人がポイントを積み重ねる

awmm1007_wc-report-header.jpg

2021 Virgin Moneyロンドンマラソンでマルセル・フグとマニュエラ・シャーが勝利を収め、スイスがAbbottWMM秋のシーズンにおける2連勝に湧いています。

ボーナスポイント勝負「Flying 400m」を制したのは、AbbottWMMシリーズでフグのライバルであるダニエル・ロマンチュク(アメリカ)でしたが、その後ライバルを引き離したフグは、1:26:27でフィニッシュし大会記録を更新しました。
フグはこのまま、今度の日曜に開催されるBank of Americaシカゴマラソンと、その翌日に開催されるボストンマラソンという、2連戦の週末へと突入します。

フグは、「こんな経験は初めてです。緊張はしていませんが、タフな戦いになるでしょう。自分にとって可能な挑戦であることも分かっています。数名の選手が同じスケジュールに挑んでいるので、楽しくなると思います。」

「シカゴでは、翌日のボストンのために少しエネルギーを残しておくような調整が重要になると思います。ボストンのダウンヒルがとても楽しみです。今回新しい車いすでレースに臨んでおり、ダウンヒルがとても気持ちいいので、ボストンも非常に楽しみです。」と話しました。

シリーズリーダーボードではフグとロマンチュクが激しいトップ争いを繰り広げており、2019年はロマンチュクが制したシカゴとボストンでも、勝利を目指して全力で対決します。

フグは、「ベルリン、ロンドンで優勝した今、自信はたっぷりありますが、他の選手もとても強いことを知っています。これほど多くのマラソンに出場するのはチャレンジであり、エネルギー配分の調整にベストを尽くします。」と加えました。
マニュエラ・シャーにとって、シリーズタイトルは既に決定的でした。そして実際本人も、パラリンピックで大忙しだった夏を終え、ロードレースに戻って来られたことを楽しんでいると認めています。

シャーは、「東京では多くのストレス感情と沢山のレースを抱えていましたが、ベルリンでのレースをとても気持ちよく終えたことが自信に繋がり、ロンドンに戻って来られてとても嬉しいです。」とコメントしました。

シャーは、フグのように今週末からのシカゴ・ボストンの2連戦に挑むことなく、月曜のボストンで優勝タイトルを保持することに集中します。

シャーは、「先週のベルリンからロンドンに向けての準備と同じように、ボストンに向けて準備をします。良く休んで良く食べて良く寝ます。あまり激しいトレーニングはせず、回復に専念します。」と話しました。

「シリーズXIIIの優勝タイトルはおまけのボーナスで、2019年と同じように強い状態でレースに戻って来られてとても嬉しいです。自分にプレッシャーをかけるタイプですが、こうして戻って来て、レースをこんなにも楽しめていることをとても嬉しく思います。」

シャーに続いたのは、アメリカのレジェンド、タチアナ・マクファーデンをかわして2位フィニッシュしたドイツの新星、まだ10代のメルレマリー・メニェで、フィニッシュ後に喜びを爆発させました。

メニェは、「素晴らしい気分です。ここでレースができることを非常に楽しみました。ロンドンは自分にとって、とても特別です。ミニマラソンには2回参加しているのですが、今日も、とても美しいロンドンを心から楽しみました。強い女子選手たちとともに競い、表彰台に乗れたことをとても誇りに思います。私は、このメジャーシーズンの戦いは今大会で終了ですが、また来年戻って来られることを楽しみにしています。」と語りました。

秋のメジャーシーズン5戦全てに挑むマクファーデンは、若きライバルを褒めたたえ、次のようにコメントしました。

「彼女の進歩をとても誇らしく思います。彼女は賢く、出場したシリーズ大会全てで良いフィニッシュをしています。彼女の姿は、若き日の自分と重なります。今後のレースに向けてリラックスできていますし、自信もあります。全体的にあまり考え過ぎないようにしています。出場するレース全てで表彰台を目指しているので、今日ここにこうして戻って来られたことを嬉しく思います。」

原文はこちら

最新のシリーズXIIIリーダーボードはこちら

■関連記事
2021 Virgin Moneyロンドンマラソン 男女マラソンプレビュー
2021 Virgin Moneyロンドンマラソン 車いすマラソンプレビュー
2021 Virgin Moneyロンドンマラソン 男女マラソン大会後レビュー

awmm13.png

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

  • 東京地下鉄株式会社
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • 綜合警備保障株式会社
  • Premier Partner
  • 東京地下鉄株式会社
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • Supporting Partners
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • 綜合警備保障株式会社