ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - 東京2020 オリンピックマラソン 大会後レビュー

2021年8月13日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

ローレンス・チェロノがAbbottWMMシリーズ1位の座に就いた

awmm_olympic-round-up.jpg

男子オリンピックマラソンではラスト数メートルで表彰台を逃したローレンス・チェロノでしたが、希望の光は消えていませんでした。

チェロノはこの4位という結果によりアボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)シリーズXIIIにおいて4ポイントを獲得し、シリーズリーダーボードの1位に躍り出ました。
シリーズポイントとしては、エチオピアのシュラ・キタタがチェロノより1ポイントリードした状態でオリンピックに臨みましたが、2020年ロンドンマラソン優勝者のキタタは札幌の地で開催されたレースで途中棄権に終わり、結果としてチェロノはライバルのキタタに3ポイントの差をつける形でシリーズトップに立ちました。

今後数週間で、この秋のメジャー大会の出場選手たちが明らかになり、世界有数のランナーたちにシリーズタイトルを手にするチャンスがあるかどうかが判明します。

エリウド・キプチョゲが日本で成し遂げた、オリンピック2大会連続優勝という歴史的な勝利は、昨年10月のロンドンで不甲斐ない結果に終わったキプチョゲを、リーダーボードの上位に押し上げました。

ラストのホームストレートでチェロノを抜き去り銅メダルを獲得したバシル・アブディは、今回の結果を受け、キタタと同点で2位タイとなりました。




女子マラソンでは、素晴らしい走りを見せたペレス・ジェプチルチルに敗れ銀メダルに終わったブリジット・コスゲイが、2019年シカゴマラソン、2020年ロンドンマラソンで優勝し既に獲得可能な最高ポイントとなる50ポイントを獲得しており、リーダーボードトップとなっています。

札幌の地で果敢な走りを見せて銅メダルを獲得したモリー・セイデルが、もし母国アメリカでこの秋開催される大会に出場し活躍した場合には、オリンピックで獲得した9ポイントに加え、更なるポイントを獲得するチャンスがあります。

最新リーダーボードはこちら

■関連記事
東京2020 オリンピックマラソン 大会プレビュー

awmm13.png

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文はこちら

  • 東京地下鉄株式会社
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • FOD
  • 株式会社シミズオクト
  • 綜合警備保障株式会社
  • Premier Partner
  • 東京地下鉄株式会社
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • Supporting Partners
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • FOD
  • 株式会社シミズオクト
  • 綜合警備保障株式会社