ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - 東京マラソン2021エリートレース 大会後レビュー 

2022年3月9日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

キプチョゲが再び歴史に名を刻む

awmm220309_TOK-REPORT-HEADER.jpg

エリウド・キプチョゲが東京マラソン2021において見事なパフォーマンスを見せ、アボット・ワールドマラソンメジャーズ4大会目の優勝を収めました。

2:02:40という記録は、日本国内最高記録です。37歳のキプチョゲが動けば、もれなく新たな歴史が生まれます。
オリンピック2連覇のキプチョゲは、10km地点近くの曲がり角で方向を間違え一瞬のロスがあったが、そんな誤算も、彼が東京駅を背にフィニッシュする頃には、遠い記憶となっていました。

陽光降り注ぐ日本の首都東京でキプチョゲは、中間地点まで8人の集団で走っていましたが、さらに10km通過する頃には、チャンピオンの走りに追随していたのはアモス・キプルトのみでした。
しかし、若きキプルトも、キプチョゲが更にスピードを上げると、経験したことのないペースを維持できず、最終的には33秒差がついていました。しかし2:03:13という彼のタイムも、素晴らしい記録であることに変わりありません。
タミラト・トラも、4分台の素晴らしい記録となる 2:04:14で3位に入りました。

女子レースでも新たな歴史が生まれ、ブリジット・コスゲイが2:16:02で優勝し、日本国内最高記録を更新しました。
コスゲイは、自身の世界記録更新を阻んだ風を責めましたが、それでもAbbottWMM大会で3勝目を上げ、昨年のオリンピックマラソンで銀メダルにとどまったのを覆し、世界最高のランナーであることを再び証明してみせました。
コスゲイに続きフィニッシュしたのは、2019年2020年のBMWベルリンマラソン優勝者、アシェテ・ベケレ(2:17:58)とゴティトム・ゲブレシラシエ(2:18:18)でした。

今回東京を制したキプチョゲが、ミッションであるAbbottWMM6大会制覇を達成するには、ボストンマラソンとニューヨークシティマラソンでの優勝を残すのみ。コスゲイも、同じミッションに向かって一歩前進し、あとはベルリン、ボストン、ニューヨークの制覇を目指すのみです。

全6大会で優勝している唯一の選手がマルセル・フグです。スイスのシルバーブレット(銀の弾丸)は減速する気配もなく、2位フィニッシュの鈴木朋樹に7分近い差をつけて男子車いすレースを制し、スプリント区間勝負におけるボーナスポイント8ポイントも獲得しました。
現AbbottWMMシリーズチャンピオンのフグは、日本の地で勝利を収めた2019大会に続く、2度目の優勝となりました。

女子車いすレースは、海外選手不参加により、日本人選手2名の一騎打ちになりました。そして、2020大会優勝の喜納翼が再び優勝を収めました。2位の土田和歌子は、13km地点のスプリント勝負を制し、8ポイントを獲得しました。

シリーズXIV第2戦となるボストンマラソンは、4月18日開催です。

原文はこちら

■関連記事
東京マラソン2021 エリートレースプレビュー

awmm_14.png

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

  • 東京地下鉄株式会社
  • スターツ
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーグループ株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社バスクリン
  • 凸版印刷株式会社
  • 大和証券グループ
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • TANAKAホールディングス株式会社
  • 佐川急便株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • Premier Partner
  • 東京地下鉄株式会社
  • Major Partners
  • スターツ
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーグループ株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社バスクリン
  • 凸版印刷株式会社
  • 大和証券グループ
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • TANAKAホールディングス株式会社
  • 佐川急便株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト