ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - 2021 BMWベルリンマラソン 車いすマラソンレビュー

2021年9月29日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

マニュエラ・シャーとマルセル・フグがベルリンの優勝タイトルを保持

awmm0929_hug-story-header.jpg

マニュエラ・シャーは、BMWベルリンマラソンで圧倒的な強さを見せ、ベルリンでの5連勝を達成するとともに、AbbottWMMリーダーボードにおけるトップの座を確固たるものにしました。

アメリカのタチアナ・マクファーデンに1分32秒差をつけ優勝したシャーは、コース中間点のスプリント勝負でも勝利を収め、ボーナスポイント8点も獲得しました。

2人は35km地点まで並走していましたが、優勝を確実なものとすべく、スイスのシャーが飛び出しました。

パンデミックで大会が中断されるまで、マラソンで10連勝を収めていたシャーでしたが、東京パラリンピックでは僅差でマディソン・デ ロザリオに敗れていました。また、エリートのみで開催された2020年10月のロンドンマラソンでも優勝を逃していました。

しかしシャーは、2018年に世界記録を樹立したのと同じコースで見事復活し、再び勝利を収めました。(ベルリンで樹立した記録は、翌年の大分国際で自身が更新しています。)

シャーは、「コロナ禍において沢山の良いトレーニングを積むことができました。ここ2年間はどこにも行くことができず、日々、良いトレーニングができていたので、とても良いコンディションであるという実感はあるものの、実際のレースに出場していなかったので評価基準が無い状態でした。そんな中で東京パラリンピックに出場出来たことで、仕上がり具合を確認できました。」とコメント。

2018年のベルリンで、レース前のトレーニング中にレーサーの故障に見舞われるという悪夢を経験していたマクファーデンは、東京パラリンピックで金メダル2個と銀メダル3個を獲得したシャーにベルリンの地で敗れたものの、今回のパフォーマンスに満足しています。

マクファーデンは次のようにコメントしました。「素晴らしいレースでした。私を再び招いてくれたベルリンに感謝します。自分の中のベルリンの呪縛から解放されたような気分ですし、再びレースが出来たことが嬉しかったです。私にとって競技は生き甲斐なのですが、東京パラリンピック前はあまり陸上大会がなく、2年間マラソンレースをしていませんでした。私は今日、全ての目標を達成しました。」

Aline dos Santos Rocha は3位、マラソン初挑戦の地元選手Merle Menjeが4位に入りました。

マクファーデンとシャーは来週のVirgin Moneyロンドンマラソンでも対決します。マクファーデンが今シーズンのメジャー大会5レース全てに出場する一方、シャーは、ボストンマラソン前日に開催されるBank of Americaシカゴマラソンには出場しません。

男子レースでは、スイスのマルセル・フグがアメリカのダニエル・ロマンチュクに44秒差をつける力走で1位フィニッシュし、スイス選手による男女優勝を達成。カナダのブレント・ラカトスが3位に入りました。

フグは、この勝利とボーナスポイント8点の獲得により、シリーズXIIIリーダーボードにおいてロマンチュクを射程圏内に収めました。両者は、今シーズンのAbbottWMM大会全てに出場予定です。

フグは「ベルリンに戻って来られたこと、シリーズが再開したことをとても嬉しく思います。この雰囲気を本当に楽しみました。」とコメント。

3選手はレース序盤に他の選手を引き離しましたが、その後ほどなくして、朝日のさす中フグがロマンチュクに揺さぶりをかけ始めました。

フグは「序盤で他の選手を引き離せたことに驚いています。3人一緒に、順調にレースを進めていたのですが、7kmを過ぎた地点に少し下りがあり、そこでダニエルと私がブレントを引き離したのです。私はダニエルを引き離しにかかり、しばらくして差が開いていきました。自分のペースを維持しながらリードを保つには長い道のりでしたが、幸せです。」と語りました。

全ての車いす選手が、前例に無い過密スケジュールでレースに臨む今シーズンは、レース後の回復が重要です。

マクファーデンは、「こんなことは2度と無いかもしれないので、コーチと話してこのチャレンジに挑むことに決めました。年末までに沢山のことを学ぶと同時に、再びレースできるスリルを満喫したいです。」と話しました。

最新のシリーズXIIIリーダーボードはこちら

■関連記事
2021 BMWベルリンマラソン プレビュー

awmm13.png

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

  • 東京地下鉄株式会社
  • スターツ
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社バスクリン
  • 凸版印刷株式会社
  • 大和証券グループ
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • Premier Partner
  • 東京地下鉄株式会社
  • Major Partners
  • スターツ
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社バスクリン
  • 凸版印刷株式会社
  • 大和証券グループ
  • Supporting Partners
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト