ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - 2019 Bank of Americaシカゴマラソンが車いすエリート選手を発表

2019年8月9日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

マニュエラ・シャーとダニエル・ロマンチュクが優勝タイトル保持に挑む

0809_R.png

Bank of Americaシカゴマラソンが、2019大会の車いすエリート選手を発表。ディフェンディングチャンピオンがシカゴに再び帰って来ます。

マニュエラ・シャーとダニエル・ロマンチュクは2018年のレースで優勝し、アボット・ワールドマラソンメジャーズ シリーズXII優勝に向け順調に歩みを進めました。

シャーは今シリーズにおいて全6大会に出場し、その全てで優勝を収めており、シリーズのオープニングを飾ったベルリンマラソンでは、1:36:53で世界記録を更新。

9月にはドイツの首都ベルリンに戻り、シリーズXIIの最終戦に臨みます。そして、そのわずか2週間後に開催される、シリーズXIII初戦となる風の街シカゴでのレースに出場します。

ロマンチュクにとって、2018年のシカゴでの優勝が初のメジャー大会優勝となり、それを皮切りに、二十歳のロマンチュクの独走が始まりました。続くTCSニューヨークシティマラソンで優勝し、ボストンおよびロンドンでも優勝を収め、他の選手に大差をつけて男子リーダーボードのトップに立ちました。

シャーに立ち向かうのは、お馴染みのイリノイ大学トリオ(タチアナ・マクファーデン、アマンダ・マグロリー、スザンナ・スカロニ)です。彼女たちは、34歳のシャーがこの2年独占しているトップの座を勝ち取るべく挑みます。

ロマンチュクは、南アフリカのエルンスト・バンダイク、カナダのジョシュ・キャシディ、イギリスのデイビッド・ウィアー、そして、同国アメリカのジョシュア・ジョージ、アーロン・パイク、Aaron Pikeからの挑戦を受けることになります。

women_R.png

men_jp_R.png

awmm13.png

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文はこちら

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • ウェスティンホテル&リゾート
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • 佐川急便株式会社
  • FOD
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • ウェスティンホテル&リゾート
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • 佐川急便株式会社
  • FOD