ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - 2019ボストンマラソン 大会プレビュー

2019年4月12日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

レリサ・デシサが2度目のシリーズ優勝に挑む

awmm0412.png

第123回ボストンマラソンはアボット・ワールドマラソンメジャーズ シリーズXIIにおける5戦目となるレースであり、選手たちはそれぞれの目的で闘いに挑みます。

男子シリーズでは、エチオピアのレリサ・デシサがシリーズ2度目の優勝を目指し、既に2度優勝経験のあるコースに挑みます。2013年、当時29歳だったデシサの優勝は、その後同じ日にフィニッシュラインを襲った悲劇により、大会の歴史に刻まれることとなりました。
デシサはその年、自身のメダルをボストンに返上することで支援の気持ちを表明しました。その2年後の2015年にボイルストンストリートでフィニッシュテープを切り優勝した際のメダルは、望み通り自身で保管しています。
彼は、2018年TCSニューヨークシティマラソンにおいて激闘を制し優勝し、今シリーズにおいて同点首位に立っています。デシサはニューヨークでライバル達の猛攻に忍耐強く耐え、最後の力を振り絞り同じエチオピアのShure Kitataを制し、エリウド・キプチョゲとモハメド・ファラーと並ぶ25ポイントを獲得しました。
デシサは今回、ジェフリー・キルイや川内優輝の挑戦を受けることになります。昨年は、エリートレースを打ち砕いた寒い暴風雨でディフェンディングチャンピオンのジェフリー・キルイ(ケニア)が苦戦を強いられる中、日本の川内優輝が世界チャンピオンでもあるキルイを抜き去り優勝しました。川内は再度の優勝を目指し今年も戻って来ます。

2016年ボストン優勝者のレミ・ベルハヌ(エチオピア)、ケニアのウェスリー・コリル(2012年優勝)も出場予定で、かつてのチャンピオン4選手がホプキントンのスタートラインに勢ぞろいします。

女子レースでは、ディフェンディングチャンピオンのデジレ・リンデンが、21名のエリート選手と対戦すべく戻って来ます。その中には、AbbottWMMシリーズで3度チャンピオンに輝いており、Six Star Finisherでもあるエドナ・キプラガトも含まれています。キプラガトは昨年のBMWベルリンマラソンでの4位という結果を受け、シリーズXIIでも既にポイントを獲得しています。

その他、2015年ボストン優勝者のキャロライン・ロティチ、そしてVirgin Moneyロンドンマラソン優勝者のアセレフェチ・メルギア、元世界チャンピオンのマレ・ディババも注目の選手です。

男子車いすレースはかなり白熱した展開が予想されます。雨の東京で優勝を収めたシリーズXIチャンピオンのマルセル・フグは、リーダーボード首位を走るダニエル・ロマンチュクとの差を2ポイントに縮めています。
スイスのフグのボストンにおける自己ベストは若きアメリカ選手ロマンチュクを約8分上回っています。また、東京での完全勝利を見ても、好調なのは明らかです。
エルンスト・バンダイクもボストンで忘れてはならない存在です。大きな南アフリカ選手はボストンで10回優勝しており、レース出場は今回で20回目となります。ボストンにおけるバンダイクの自己ベストは、フィニッシュまでのストレートをフグと競り合った2017年のレースの記録で、フグと同タイムの1:18:04です。

同年、マニュエラ・シャーは女子車いすマラソンにおいて1:28:17でフィニッシュし、世界最高記録を樹立しました。ボストンの記録は世界記録として認められないため、公式世界記録は、彼女がベルリンで樹立した 1:36:53という記録です。
シャーは今シリーズ、4大会で勝利を収め、2大会分のボーナスポイントも獲得しており、既にシリーズタイトルの獲得を確実なものとしており、タチアナ・マクファーデンに76ポイントという大差を付けリーダーボードトップに立っています。それでも、アメリカのレジェンド、マクファーデンは、2018年、雨の中の戦いを征し手にした優勝タイトルを保持すべく挑みます。シャーは低体温症で昨年のレースを途中棄権しており、あまり良い思い出はありません。
ボストンは、エリートレースだけでなく、5000人目のAbbottWMM Six Star Finisher誕生の舞台としても注目です。ボストンとしては最多の500人を超えるランナーがSix Star Finisherファミリーに仲間入りする予定です。

2019ボストンマラソンの各国での放映情報はこちら。(日本ではDAZNにて放送予定。)

Series XII-BlueBox-wCities.jpg

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文はこちら

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • ウェスティンホテル&リゾート
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • 佐川急便株式会社
  • FOD
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • ウェスティンホテル&リゾート
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • 佐川急便株式会社
  • FOD