ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - シリーズXII開幕戦となるBMWベルリンマラソンがスター選手を発表

2018年6月18日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

キプチョゲがベルリンでチャンピオンタイトル保持に向け始動

0617awmm.jpg

現AbbottWMMチャンピオンであるエリウド・キプチョゲが、チャンピオンタイトル保持に向け9月16日のBMWベルリンマラソンで始動します。
ケニアのキプチョゲは、直近のAbbottWMMシリーズタイトルを3回連続で獲得しており、ベルリンでも2度の優勝を誇っています。うち2017年の優勝は、ハットトリックとも呼べるシリーズ3年連続優勝への足掛かりとなりました。
キプチョゲは2018年4月のロンドンマラソンで、暑さ中他の選手を下し勝利し、シリーズXIの優勝を収め、シリーズ優勝賞金25万ドルを手にしました。
昨年のベルリンでは、2016年オリンピックチャンピオンであるキプチョゲが、マラソン初挑戦のグエ・アドラの猛攻がレース終盤まで続きましたが、ブランデンブルグ門通過前に引き離し、独走でフィニッシュしました。
Twitterで公開された動画でキプチョゲは、「ベルリンは私にとって特別なレースであり、私が愛するマラソンです。出場するたびに記録を更新しています。初めて出場した時は2:04:04、2回目は2:04:00、3回目は2:03:32でした。今年はどうなるか?それは9月を楽しみにしていてください。」とコメントしています。
ベルリンのコースで数々の男子マラソン公認世界記録が誕生する中、この偉大な選手による記録は未だ樹立されていませんが、彼がその輝かしい戦歴にその偉業を加える日も近いでしょう。

キプチョゲは同じケニアのウィルソン・キプサングの挑戦を受けることになります。キプサングは2013年のベルリンで世界記録2:03:23を出しましたが、その記録は、1年後のデニス・キメットの2:02:57という記録により更新されています。

エチオピアのゼルセナイ・タデッセも、シリーズXIIの開幕となる9月16日、速いコースで知られるベルリンでのレースに名乗りを上げています。タデッセは8年前のリスボンで、現ハーフマラソン世界記録58:23を樹立しています。

更なる詳細は、下記ベルリンのリリースをご確認ください:

エリウド・キプチョゲのミッションは自己ベスト更新

9月16日開催のBMWベルリンマラソンにおけるエリウド・キプチョゲの目標は明白で、自己ベストの更新である。オリンピックチャンピオンであり、近年の長距離界におけるナンバーワン選手と認められている33歳のケニア人選手は、何か特別なことをする準備が整っているようです。キプチョゲは2016年ロンドンマラソンで、現在の自己ベスト2:03:05を樹立している。このタイムは、2014年のベルリンマラソンで同国ケニアのデニス・キメットが樹立した世界記録2:02:57に8秒だけ及ばなかった。キプチョゲの精神的、そして身体的能力は、世界記録更新も夢ではないことを示している。対戦相手となるウィルソン・キプサングも元世界記録保持者である。36歳のキプサングは、2013年のベルリンで2:03:23 という当時の世界記録を樹立している。

キプチョゲとキプサングは昨年も、2時間3分切りを目指してスタートラインに立ったが、降り続ける雨にその期待は打ち砕かれました。難しい条件のもとキプチョゲは2:03:32で優勝し、キプサングは途中棄権となった。もう一人の注目選手は、ハーフマラソンの世界選手権タイトルを5回も獲得し、ハーフマラソン世界記録保持者でもあるエリトリアのゼルセナイ・タデッセだ。

エリウド・キプチョゲはマラソン史上最も偉大な選手であることは疑いようのない事実である。彼は2016年のリオ五輪を制した現オリンピックチャンピオンであり、ロンドンマラソンでは優勝3回(2015年16年18年)、ベルリンマラソンで優勝2回、2014年シカゴマラソンでも優勝を収めている。2013年ベルリンでキプサングが世界記録を樹立した際にはキプチョゲは2位となっている。彼は昨年5月、イタリア・モンツァのF1サーキットで、フルマラソンの距離を2:00:25で走破し、新たな次元へと突入した。(この記録は、交代制のペースメーカーを採用したことにより、公式記録とはみなされない。)
9月16日のベルリンでエリウド・キプチョゲは、通常の大会において、そして願わくば恵まれた気候条件の中で、自分の力を証明する意気込みで、「完全に9月16日のBMWベルリンマラソンに重点を置いた準備をしている。条件が良ければ自己ベストを更新できるという確信がある。」とコメントした。

ウィルソン・キプサングのマラソン自己ベストは、2013年に自身が樹立した当時の世界記録ではなく、その3年後のベルリンで自己ベストを10秒更新した2:03:13だ。キプサングが2位に終わったそのレースで優勝を収めたのはエチオピアのケネニサ・ベケレで、キメットの世界記録まであと6秒に迫る2:03:03を出した。

エリトリアのゼルセナイ・タデッセは、3選手の中では最年長の36歳で長距離レースでの経験も豊富だが、マラソンに関しては最も経験が少ない。彼が2010年のリスボンで樹立したハーフマラソン世界記録58:23を脅かす選手は未だにいない。彼のマラソン自己ベストは2012年のロンドンマラソンで出した2:10:41だが、2017年5月のモンツァにおいて彼は2:06:51というタイムを出している。(前述の通り、この記録は公式な世界記録ではない。)
また、それ以外にも2010年から2017年の間でマラソンに3回出場しており、昨年10月のシカゴマラソンのタイムは2:12:19だった。

Series XII-BlueBox-wCities.jpg

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文はこちら

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール