ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - エドナ・キプラガトがAbbottWMMシリーズXのチャンピオンに

2017年12月22日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

1222awmm_.jpg

アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)は本日、エドナ・キプラガト(ケニア)にシリーズⅩの女子タイトルを授与しました。キプラガトは、すでにシリーズⅩ優勝者として発表されていたエリウド・キプチョゲ(ケニア)、タチアナ・マクファーデン(アメリカ)、マルセル・フグ(スイス)と共にシリーズXチャンピオンの仲間入りを果たしました。

AbbottWMMのGMティム・ハジマは「エドナの2017年ボストンマラソンでの素晴らしい勝利と、2016年シカゴでの準優勝がシリーズⅩの優勝を引き寄せました、そしてエドナはアボット・ワールドマラソンメジャーズのランナー全ての刺激となっています。彼女の成し遂げた素晴らしい功績を称えることができてとても嬉しいです。」とコメントしました。

キプラガトは2017年ボストンマラソンが最終戦となったシリーズⅩで41ポイントを獲得し、リーダーボードトップに立ち、50万ドル(約5,650万円)を手にします。なお、AbbottWMMは、現在進行中のシリーズXIから賞金体系を再構築し、上位3選手を称え賞金を授与しています。

現在38歳のキプラガトは、シリーズVとVIIIのタイトルも獲得しているため、ドイツのイリーナ・ミキテンコとならび3度目のAbbottWMMチャンピオンタイトル獲得となります。

キプラガトは、「アボット・ワールドマラソンメジャーズXのタイトルを獲得することができ、とても嬉しく光栄に思います。良い事は3度あると言いますが、今年は私にとって本当にそうなりました。この春のボストンで、AbbottWMMでは3都市目となる優勝を手にしました。そして今夏の世界陸上マラソンでは世界陸上3度目のメダルを獲得することができました。さらには今回、AbbottWMMシリーズで3度目のチャンピオンになることができました。私は常に、我々の競技における最もハイレベルな環境で、自分自身に挑戦したいと思っており、これらのマラソンは私にそういう機会を与えてくれました。2018年のAbbottWMM大会で、世界最高の女子選手のみなさんと再び対戦できることを楽しみにしています。」と話しました。
EPO(エリスロポエチン)使用により、ケニア・アンチ・ドーピング機構(ADAK)から4年間の出場停止処分を受けたジェミマ・スムゴング(ケニア)のドーピング調査プロセスが完了したことにより、キプラガトにAbbottWMMシリーズXのタイトルを授与されました。ドーピング規定に違反したいかなる選手も、AbbottWMMシリーズタイトル獲得の資格を失い、全AbbottWMM大会から永久追放処分となります。

キプラガトは2017年ボストンマラソンで、ローズ・チェリモ(バーレーン)とジョーダン・ハセイ(アメリカ)を引き離し、2:21:52の記録で女子レースを優勝しました。キプラガトは30km過ぎでスパートをかけ、心臓破りの丘でさらにペースを上げ、ダウンタウンを一人で駆け抜けフィニッシュラインを目指し、フィニッシュラインで息子のカルロスと娘のウェンディに出迎えられました。2016年10月のBank of Americaシカゴマラソンでは、キプラガトは最後の数キロでバレンタイン・キプケテルをかわし、2:23:28でフィニッシュし、フローレンス・キプラガトに続く2位となりました。

アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)は、世界の主要6大会(東京、ボストン、Virgin Moneyロンドン、BMWベルリン、Bank of Americaシカゴ、TCSニューヨークシティマラソン)により構成されています。AbbottWMMタイトルは、1年のシリーズ期間中に対象レースで最も多くポイントを獲得した、男女マラソン選手と男女車いすマラソン選手に授与されます。シリーズ対象大会には、上記6大会および、シリーズ期間中に開催されるオリンピック、パラリンピック、IAAF世界選手権を含みます。

AbbottWMMシリーズXIは、2018年2月25日の東京マラソンへと続きます。キプラガトは、4月16日のボストンマラソンにタイトル防衛のため出場します。シリーズXIはその後、2018年4月22日のVirgin Moneyロンドンマラソン最終戦を迎えます。

アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)について

アボット・ワールドマラソンメジャーズは、世界最大規模の6大会:東京、ボストン、Virgin Moneyロンドン、BMWベルリン、Bank of Americaシカゴ、TCSニューヨークシティマラソンで構成される最高峰のマラソンシリーズです。各大会はスポーツの発展とエリート選手の意識向上を目指すと同時に、ランニングファンの間でエリートレースへの関心を高めるべく活動しています。詳細についてはこちら

worldmarathonmajors.jpg

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文はこちら

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール