東京マラソンとは

東京マラソン2017に関わるすべての方へのご案内です。

マラソンエリートレース

東京マラソンの将来像

エリートと市民ランナーの30,000人が大都市東京を走るという、日本のマラソン史にその名を刻んだ東京マラソン2007。
その後、世界最高水準の大会を目指してあらゆる環境を整え、2012年秋、アジア初となるワールドマラソンメジャーズの仲間入りを果たし、世界のトップレースに並ぶ大会へと成長しました。
そして、東京マラソン2016で10回記念大会を迎えました。
今後は「世界一の大会」をめざし、さらなるステージに向けて邁進していきます。

レース概要

1 種  目 マラソン(エリート)
2 公  認 国際陸上競技連盟(IAAF)
3 コ ― ス 新コース(日本陸上競技連盟・IAAF/ AIMS公認コース取得)
4 制限時間 7時間
5 参加人数 100人

◆エリート募集要項はこちら

エリートレース展望

東京マラソンレースディレクター 早野忠昭

東京マラソンは、昨年の10回記念大会を終えて、今年は次の10年に向けて、新しい幕開けとなります。それにふさわしく、新しいコースを設定し、天候条件が整えば新しいレベルの高い記録が望めます。
近年、エリート選手レースを『世界標準』に近づけてくる中、「日本国内最高記録の2時間5分18秒をどうしても東京マラソンで更新して欲しい」そう言って今年で3年目です。3年目の正直で今年こそはと意気込んでおります。
 
そう言った中、まず男子のフィールドでは、名実ともに誰もが認める世界のトップ選手であるウィルソン・キプサング(ケニア 自己ベスト2:03:13)の招聘が実現しました。ウィルソンは、昨年のベルリンで自己記録を更新し、今回は高速コースになった東京で世界記録を狙うと公言しています。その一番の対抗馬は2014年・東京チャンピオンのディクソン・チュンバ(ケニア 自己ベスト2:04:32)、ツェガエ・ケベデも4分台の実力で2009年に樹立した自身の日本国内最高記録の2時間5分18秒の更新に意欲的、復活の走りに期待できます。

一方、日本人男子選手もロンドンの世界陸上の選考をかけて、熱い戦いが期待できます。まずは、ニューイヤー駅伝で好調ぶりを発揮した今井、2年ぶりの7分台に視界は良好です。それを追うのは、同じくニューイヤー駅伝で活躍したトヨタの服部勇馬、30km、1時間28分台のスピードを持つ実力で7分の壁を突き破ってもらいたいものです。その他、駅伝から好調をキープする旭化成の市田、コニカミノルタの山本、Hondaの佐野、JR東日本の五ヶ谷、また、ダークホースがMHPSの井上と、話題と見どころに溢れています。日本人選手には世界大会に出場するためだけの走りではなく、2020年を見据えて、世界のトップを相手にもがきながらも7分から6分台が見える走りを期待するのみです。
その見地からも、箱根を沸かせた学生ランナーが青山学院大学の下田を筆頭に実業団選手に負けない思い切った走りを見せてくれると期待します。

一方、女子のフィールドは、ルーシー・カブーを筆頭に自己ベスト2時間19分台、20分台、24分台以下の選手が5人以上そろいました。昨年2位のアマネ・ゴベナ、日本ではおなじみのベルハネ・ディババの三つ巴の争いが予想されます。新コースでの世界レベルの大会記録が期待されます。

新コースになり、レース展開は運営側としても未知の世界ですが、佃大橋に代表される橋を2つ通らなくなったフラットなコースは好記録が生まれる条件を満たしています。
見どころの多い東京マラソン2017を皆さんでワクワクしてご観戦ください。

全招待選手情報 : 国内男子(11名) 海外男子(14名) 海外女子(7名) ※2017年1月20日時点
          招待選手ユニフォーム一覧はこちら ※2017年2月24日時点
エリート選手一覧 : 男子 女子

■欠場等の選手情報はこちら ※2017年2月23日時点

アボット・ワールドマラソンメジャーズについて詳しくはこちら

早野忠昭(はやの ただあき) プロフィール



1958年4月4日生まれ
長崎県出身

1976年インターハイ男子800m 全国高校チャンピオン、筑波大学体育専門学群を経て高校教諭として勤務。その後渡米し、コロラド大学大学院に在籍。アシックスボウルダーマネージャーとして勤務。帰国後、ニシ・スポーツ常務取締役に就任。
2006年東京マラソン事務局広報部部長
2010年7月東京マラソン財団事務局長
2012年4月東京マラソン財団事業局長、レースディレクター
2013年4月東京マラソン財団事業担当局長、東京マラソンレースディレクター、東京マラソン財団スポーツレガシー事業運営委員長

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • カゴメ株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • セコム株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 日本光電
  • 広友レンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • カゴメ株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • セコム株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • 広友レンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社ドール