大会概要

東京マラソン2018に関わるすべての方へのご案内です。

車いすマラソンエリート

車いすマラソンの国際化について

2016大会から、車いすマラソンレース(T53・T54)を国際パラリンピック委員会(IPC)公認大会として開催。
さらに、2017大会からは、アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)車いすマラソンレースシリーズに加わり、ポイント獲得対象レースとなっています。

レース概要

1 種  目 車いすマラソン(エリート)
2 公  認 国際パラリンピック委員会(IPC)
3 コ ― ス 東京都庁~飯田橋~神田~日本橋~浅草雷門~両国~門前仲町~銀座~高輪~日比谷~東京駅前・行幸通り(日本陸上競技連盟・IAAF/AIMS公認コース)
4 対象クラス T53・T54
5 制限時間 男子1時間50分、女子2時間00分
6 参加人数 30人

◆車いすマラソンエリート募集要項はこちら

副島正純(そえじま まさずみ) 車いすレースディレクターより

車いすレースディレクターとして、世界のトップアスリートを招聘し、日本人選手・外国人選手の白熱したレベルの高いレースをつくり、多くの方に車いすレースの魅力を伝えていきたいと考えています。
また、2020年のパラリンピックに向けて、若手アスリートが東京マラソンで活躍し、世界に挑んでいける環境となるように東京マラソン車いすレースを盛り上げていきます。

車いすエリートレース展望

東京マラソン車いすレースディレクター 副島 正純

昨年の2017大会は新しいコースになり、記録が出ることをイメージしていました。
しかし、初めてのコースという事もあり、選手たちは躊躇し、駆け引きが入り、男子が1時間28分01秒、女子が1時間43分27秒とタイムは伸びませんでした。

大きな登り下りが少なく、車いすマラソンとしては仕掛けどころが難しいイメージの東京マラソン。
フィニッシュ手前の丸の内仲通りの石畳は思った以上に長くて跳ね上がり、漕ぎにくく、そして行幸通りへの最終コーナーが勝負どころとなりました。2017大会では、男子が6人、女子は3人がフィニッシュまで競り合いました。
そして、新コースとなって2回目となる今年は集団から逃げ切る、新たな展開を誰かがつくることを期待して選手招聘をしました。

海外からは、男子が絶対的な強さを持つMarcel Hug (マルセル・フグ)をはじめ、Kurt Fearnley (クート・フェンリー)Ernst Van Dyk (エルンスト・バンダイク)Joshua George (ジョシュア・ジョージ)Rafael Jimenez (ラファエル・ヒメネス)、女子は昨年の優勝者Amanda McGrory (アマンダ・マグロリー)Manuela Schaer (マニュエラ・シャー)Tatyana McFadden (タチアナ・マクファーデン)Susannah Scaroni (スザンナ・スカロ二)と、世界ランキングの上位選手を招待しました。
国内からは、男子がディフェンディングチャンピオンの渡辺勝鈴木朋樹吉田竜太山本浩之西田宗城、女子は中山和美喜納翼を招待選手として挑みます。

昨年走った選手、今年初めて走る選手、新たな攻めのレースプランで世界記録を狙ってもらいたいです。
丸の内へ最初に帰ってくるのは誰なのか? 誰がフィニッシュテープを切るのか?
今年もスタートからフィニッシュまで、車いす選手の熱い走りへ、応援をよろしくお願い致します。

車いすエリート選手一覧はこちら ※2018年2月2日時点

アボット・ワールドマラソンメジャーズについて詳しくはこちら

車いすアスリート 副島正純(そえじま まさずみ) プロフィール

パラリンピック銅メダリスト

【所属先】
一般社団法人ウィルチェアアスリートクラブ ソシオSOEJIMA
マラソン自己最速記録:1時間18分50秒(2011ボストンマラソン)
2004年より4大会連続パラリンピック出場

【略歴】
1970年生まれ。
23歳の時、家業である鉄工所を手伝い中に鉄板落下の事故により脊髄を損傷し、車いすの生活となる。入院中に障がい者スポーツと出会い、スポーツの楽しさに魅了され、車いすマラソンを開始。
2007年からは毎年ワールドマラソンメジャーズ大会に出場し、東京マラソン、ボストンマラソン、ニューヨークシティマラソン、ベルリンマラソンなどの多くのマラソン大会で優勝している。
2014年4月、自身も世界トップアスリートとして活動しながら、一般社団法人を立ち上げ、車いすの子ども達が世界レベルの競技者を目指せるような環境の提供と指導を行い、子ども達のチャレンジをサポートしている。

【主な戦歴】
2007~2009、2011、2013 東京マラソン優勝
2004 アテネパラリンピック 400m×4リレー 銅メダル
2007 世界陸上選手権大阪大会 車いす1500m 銀メダル
2012 ロンドンパラリンピック マラソン4位(日本人最高位)
2011 ニューヨークシティマラソン優勝
2007、2011 ボストンマラソン優勝
2007、2010 ベルリンマラソン優勝
2005~2010、2013~2017 ホノルルマラソン優勝
2008~2010 シカゴマラソン2位

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • カゴメ株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • セコム株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • カゴメ株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • セコム株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール