ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM - ボストンマラソンが2017大会のアメリカ人出場選手を発表

2016年12月28日

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文こちら

ジョン・ハンコックが2017ボストンマラソン出場のアメリカ人エリートトップ選手を発表

オリンピック、世界選手権、パンアメリカン選手権大会で計12名のジョン・ハンコック米国エリートチームのメンバーがメダルを獲得しました。

csm_Meb_Keflezighi_Boston_2014_efaea99cd5_R.jpg

ジョン・ハンコック・ファイナンシャルは、2017年4月17日開催のボストンマラソンに出場するアメリカ人エリートチームを発表しました。選手層の厚い海外勢と相対することとなるアメリカ人選手たちの中には、2014年男子優勝者のメブ・ケフレジギ、オリンピックに4回出場しているシャレーン・フラナガン、オリンピックメダル2個を獲得しているゲーレン・ラップ、オリンピック2回出場のデジレ・リンデンが含まれています。その他にも、オリンピアンであるジャレッド・ワード、アブディヘイケム・アブディラマン、リンゼイ・フラナガン、Clara Santucci、Shadrack Biwott、Esther Atkins、Sean Quigleyが名を連ねています。また、トラック競技でひときわ目立つ女子選手、ジョーダン・ハセイが、ボストンでマラソンデビューを果たします。オリンピック、世界選手権、パンアメリカン選手権大会で計12名のジョン・ハンコック米国エリートチームのメンバーがメダルを獲得しており、第121回ボストンマラソンにおける優勝争いに加わる十分な資質を備えています。

ボストン体育協会のCEOであるトム・グリルクは、次のようにコメントしています。「我々の大会の観戦者は、2014年のメブ・ケフレジギの優勝に代表される、近年のアメリカ人選手の復活を楽しみにしています。8月のオリンピックにおけるアメリカチームの活躍には、非常に感銘を受けました。我々の長年のパートナーであるジョン・ハンコック・ファイナンシャルが、これらアメリカ人トップ選手の招聘において素晴らしい仕事をしてくれました。彼らを4月にここで迎えられることを楽しみにしています。」

ジョン・ハンコックのスポンサーシップ・イベントマーケティング部門トップのロブ・フリードマンは、「今年は、才能に溢れた数多くのアメリカ人選手たちの出場が決まり、わくわくしています。32年に渡るボストンマラソンとのスポンサー契約において、我々は常に、海外の強豪選手を招待して来ました。そしてアメリカ人エリート選手チームも、名高いボストンの優勝タイトルに挑戦するにふさわしい選手ばかりです。アメリカチームはこのスポーツにおける最もハイレベルな戦いにおいて成功を収めており、パトリオットデー(愛国者の日)には、沿道や世界中の観戦者やファンを確実に盛り上げてくれることでしょう。」と語りました。

女子自己ベスト
Shalane Flanagan 2:21:14 (Berlin, 2014)
Desiree Linden 2:22:38 (Boston, 2011)
Lindsay Flanagan 2:29:28 (Frankfurt, 2016)
Clara Santucci 2:29:54 (Boston, 2011)
Esther Atkins 2:33:15 (Boston, 2014)
Jordan Hasay Debut

男子自己ベスト
Meb Keflezighi 2:08:37 (Boston, 2014)
Abdi Abdirahman 2:08:56 (Chicago, 2006)
Galen Rupp 2:10:05 (Rio de Janeiro, 2016)
Jared Ward 2:11:30 (Rio de Janeiro, 2016)
Shadrack Biwott 2:12:01 (New York City, 2016)
Sean Quigley 2:13:30 (Fukuoka, 2014)

各選手に関する更なる詳細情報は、原文をご確認ください。

※現AbbottWMMシリーズXリーダーボードはこちら

worldmarathonmajors.jpg

*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。
原文はこちら

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール