ニュース

最新情報/告知情報の紹介です。

AbbottWMM-ボストンマラソン2016 チャリティレポート

2016年7月22日

アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)の大会の一つで、2016年4月18日に開催されたボストンマラソンについて、チャリティプログラムをご紹介します。
*オリジナルのリリースの正式言語は英語であり、この内容及び解釈については英語が優先となります。

原文はこちら

今年の第120回ボストンマラソンでは200以上の非営利団体のために走った参加者からの寄付金が3,060万ドル(30億円超)にのぼりました。総額のうち、1,650万ドルはB.A.A.公式チャリティプログラム、1,126万ドルはジョン・ハンコックが行うボストンマラソン非営利プログラム、そして280万ドルは基準タイムを満たし出場したランナーおよび招待ランナーからの寄付です。

チャリティランナーの多くは、B.A.A.オフィシャルチャリティプログラムやジョン・ハンコックによるマラソン非営利プログラムを通じて出走権を獲得しました。両プログラムは、非営利組織に出走権を提供し、その組織のために寄付集めをするランナーが出走権を得ることになります。

2016年のB.A.A.チャリティプログラムの寄付先団体の中にはBrigham and Women's HospitalやMetroWest YMCAそしてTenacity(子どもの教育支援)があります。

"歴史あるマラソン大会を運営しているB.A.A.とメインスポンサーのジョン・ハンコック・フィナンシャルは、厳選された非営利団体に対しボストンマラソン出走枠を提供することにより、地域社会に投資できることを誇らしく思います。寄付金総額は献身的参加者の努力の証しであり、大会に向け練習すること、大会を走ることの意義をチャリティランナーが認知している証です。私たち多くの募金額を集めたそれら団体に敬意を表し称えます。そして彼らの重要な活動をサポートできることに誇りを感じます。"とB.A.A.エグゼクティブディレクターのトム・グリルクは話しました。

ジョン・ハンコックのチャリティランナーは以下団体のためにも走りました。:ユニセフ、Alzheimer's Association MA/NH Chapter(アルツハイマー研究や支援)、Citizen Schools(小学生教育支援)

131人の社員ランナーで構成されるジョン・ハンコックチームは「the Boys & Girls Club of Boston」と「the Ron Burton Training Village」へ寄付を行い、さらに親会社・マニュライフの36人の社員ランナーは「Pathways to Education Canada」のために走りました。

●the Boys & Girls Club of Boston 子どもへの教育支援、芸術、スポーツ、PCに触れる機会の提供
●the Ron Burton Training Village 子ども向けスポーツ施設
●Pathways to Education Canada 高校を中退させずに卒業できるように支援

"120回目のボストンマラソンでのジョン・ハンコックのテーマである「Endurance = 耐久性、忍耐、持続」は、それぞれの参加者がフィニッシュラインに到達するまでの道のりと努力を称えるものです。チャリティランナーは、その寛大な心で広く地域社会に還元している点もまた称賛されるべきであり、私たちは彼らの貢献に感謝しています。この象徴的レースのメインスポンサーになって31年、私たちは非営利プログラムを通じて地域社会を支援し続けられていることを誇りに思います。"とジョン・ハンコック社長のCraig Bromleyはコメントしました。

31年以上にわたりB.A.A.チャリティプログラムとジョン・ハンコック非営利プログラムは、地域に根差した団体へ総額2億9,300万ドル以上の寄付を行っています。

ジョン・ハンコックは5年間にわたり、世界的にも大きく急成長している寄付金集め専門のオンラインシステム運営会社CrowdRiseと契約を結び、一元化されたオンラインシステムを利用した寄付金募集をしてきました。

------------------

ボストン陸上協会(B.A.A.)について
1887年に設立されたB.A.A.は、スポーツでも特にランニングを通じて健康的な生活を促進することを使命として設立された非営利団体です。B.A.A.のボストンマラソンは世界で最も古いマラソン大会であり、B.A.A.は他の地元イベントや包括的チャリティ支援、子どもたちやエリート選手も含めた年間を通じたランニングプログラム、そしてランニングクラブの運営も行っている。1986年以来、ボストンマラソンのメインスポンサーはジョン・ハンコック・フィナンシャルである。ボストンマラソンは東京、ロンドン、ベルリン、シカゴそしてニューヨークシティと共に国際的マラソンレースAbbottWMMの一員である。第121回ボストンマラソンは2017年4月17日開催予定。

ジョン・ハンコック・フィナンシャルとマニュライフについて
ジョン・ハンコック・フィナンシャルはマニュライフのグループ会社です。カナダを拠点に主にアジア、カナダ、アメリカでサービスを提供しています。カナダとアジアでマニュライフとして、アメリカでは主にジョン・ハンコックとして展開。私たちグループ会社は様々な資産保護商品や販売代理店の大きなネットワークを通じた資産管理サービスを提供しています。マニュライフと子会社による資産管理と運用は2016年3月31日時点で9億400万ドル(米国内6億9,700万ドル)にのぼる。マニュライフ・フィナンシャルはトロント・ニューヨーク、フィリピン・香港の証券取引所で取引を行っています。マニュライフのウェブサイトは:manulife.com。ジョン・ハンコックグループはアメリカでも大きな生命保険会社の一つです。ジョン・ハンコックは海外の運用商品や生命保険、年金、投資、401K制度、介護保険、雇用保険、事業保険などを提供および管理しています。ウェブサイトはこちら

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール