ランナー

ランナーの方に向けたご案内です。

アンチ・ドーピング情報

クリーンランナーをめざして

担当:真鍋知宏(日本陸上競技連盟医事委員会 副委員長)

第1回 東京2020大会ではドーピング検査が実施されましたか?

東京マラソンのウェブサイトでは、アンチ・ドーピングに関する話題を10年以上前から提供してきています。残念なことに、最近のドーピング関連報道はスポーツ界のみならず、社会的にも大きな問題となっています。 少しでも多くの方々のアンチ・ドーピングに対する理解が、ドーピングに対する大きな抑止力となるように、情報発信を続けていきたいと考えております。 そこで、「クリーンランナーをめざして」では、最新の情報や重要な事柄について、質問に答えるような形式でご紹介したいと思います。第1回目は「東京2020大会ではドーピング検査が実施されましたか?」という質問に答えます。

過去最多の金メダルを獲得した日本選手団の活躍に、コロナ禍ではあったもののテレビに釘付けとなった方もいたかと思われます。晴海の選手村では試合前にドーピング検査を受けた選手もいましたし、競技会場でメダリストとして試合後に検査を受けた選手もいました。 中には、残念ながら予選敗退となったにもかかわらず、検査を受けた選手もいました。「どうしてそんなに詳しいことを知っているのか」と言うと、私が日本オリンピック委員会本部ドクターとして、大会期間中ずっと晴海選手村に滞在して、日本選手団をサポートしていたからです。 国際オリンピック委員会から検査を委託された国際検査機関の発表によると、尿と血液を合わせて5000件のドーピング検査実施を予定していたそうです。既に数件の違反事例が判明しており、競技前の抜き打ち検査で違反が判明し、競技に参加出来なかった選手もいました。もちろん日本人選手の違反事例は報告されていません。

日本陸連では、日本記録樹立時に認定要件としてドーピング検査実施が求められています。今大会では、男子3000mSCと女子1500mで日本新記録、男子4×400mリレーで日本タイ記録が樹立されました。これまでの大会では競技会場で検査が実施されていましたが、今大会では晴海選手村内のドーピング検査室で実施されました。予選、準決勝と2回の日本新記録を樹立した選手は、記録公認のために申請して2回のドーピング検査を受けました。

さて、今回の検査で採取された尿、血液検体は今回の検査が終わってすぐに廃棄される訳ではありません。検体は10年間保管され、検査技術が向上した10年後、廃棄される前までに再検査されることになっています。従来の保管期間は8年間で、リオの直前に北京オリンピックの検体が再検査されて、陽性が判明した事例もあります。ドーピングをする方と検査技術向上のイタチごっこが行われているのは悲しい現実です。しかし、クリーンなアスリートを守るためにもドーピング検査とその技術向上は不可欠なものです。

  • 東京地下鉄株式会社
  • スターツ
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社バスクリン
  • 凸版印刷株式会社
  • 大和証券グループ
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • 佐川急便株式会社
  • Premier Partner
  • 東京地下鉄株式会社
  • Major Partners
  • スターツ
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • 近畿日本ツーリスト
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 久光製薬株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社バスクリン
  • 凸版印刷株式会社
  • 大和証券グループ
  • Supporting Partners
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社 Fanplus
  • 株式会社シミズオクト
  • 佐川急便株式会社