大会について

東京マラソン2019に関わるすべての方へのご案内です。

車いすマラソンエリート

車いすマラソンの国際化について

2016大会から、車いすマラソンレース(T53・T54)を国際パラリンピック委員会(IPC)公認大会として開催。
さらに、2017大会からは、アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)車いすマラソンレースシリーズに加わり、ポイント獲得対象レースとなっています。

レース概要

1 種  目 車いすマラソン(エリート)
2 公  認 国際パラリンピック委員会(IPC)
3 コ ― ス 東京都庁~飯田橋~神田~日本橋~浅草雷門~両国~門前仲町~銀座~高輪~日比谷~東京駅前・行幸通り(日本陸上競技連盟・IAAF/AIMS公認コース)
4 対象クラス T53・T54
5 制限時間 男子1時間50分、女子2時間00分
6 参加人数 30人

車いすエリートレース展望

東京マラソン車いすレースディレクター 副島 正純

車いすレースでは、新コースになった2017大会から日本人選手が連勝中です。また、2017大会は6選手が、2018大会は2選手がフィニッシュ直前までデッドヒートを繰り広げ、最後まで勝利の行方が分からない接戦が続いています。今年はいったいどんなレースになるでしょうか。
車いすレースでは、一般に長い上り坂や下り坂などで仕掛ける選手が多いですが、東京マラソンのコースにはきっかけとなるようなポイントがあまり見当たりません。唯一といってもよいのがレース序盤の5㎞地点手前にある下り坂です。おそらくスタートからこの坂までは集団でのレースになると思いますが、下り坂では自然に時速50㎞以上にスピードアップするので、ここで仕掛けてトップに立ち、一気に逃げる選手が現れるかもしれません。
あるいは、互いに牽制しあい、集団が崩れないままのレース展開となることも考えられます。ただ、選手としては集団の人数はなるべく少ない方がいいので、スピードを上げ下げしてライバルを振り落とそうとする選手も出てくるはずです。この駆け引きも車いすレースの見どころです。誰がリードし、誰が遅れるのか。集団の大きさの変化にも注目です。
スピードの速い車いすレースは向い風の抵抗が強いので縦一直線に連なる走りも特徴ですが、先頭に長くいると疲労し、ペースダウンしやすいので、元気な選手が先頭を替わり、ペースを維持しようとします。「ローテーション」と呼ばれる動きで、この動きが頻繁に見られるときは速いペースでレースが進みます。
先頭の選手が首を左右に振って他選手に交代を促したりしますが、なかには体力温存のためなど先頭に出たがらない選手もいて、集団が横に広がることもあります。レース中の各選手の様子に注目すると、それぞれのレース戦略が読めるかもしれません。
最後までもつれた場合は、フィニッシュ前の直線に入る手前の左カーブでの位置取りが重要です。一漕ぎで大きく差がついてしまうので、どの選手もできれば先頭で直線に入ろうと狙ってくるはずです。そのためには、41㎞地点を過ぎた丸の内仲通りがポイントでしょう。石畳が続き、「長くて、きつい」という選手も多く、昨年は私も選手として走って実感しましたが、石畳では車いすの振動が激しいので、うまく走ることが大切です。
今年はもう一つ、注目してほしい見どころがあります。今年度のアボット・ワールドマラソンメジャーズシリーズXIIから車いすレースに新たに加えられた、「スプリントボーナスポイント」です。設定条件をクリアした選手1名にボーナス点が与えられます。設定条件には、(1)コース上のある地点をトップで通過する、(2)設定区間で最速タイムをマークする、という2つがあり、今年の東京マラソンでは設定条件(2)を選びました。
具体的には高輪の第2折り返し点直後の35.8km地点から37.1kmまでの直線1.3km区間をボーナスポイント区間とし、タイムを競います。駅伝でいう、「区間賞」をイメージしてもらえば分かりやすいかと思いますが、順位に関わらず、どの選手にも可能性があります。終盤の苦しいところでもあり、ここでペースアップすることで、レース全体が動くことも期待されます。ぜひ注目してください。

車いすボーナスポイント

シリーズⅫから導入された新たなスプリント勝負を通し、車いす選手たちは、ボーナスポイント8点を獲得するチャンスを得ました。
アボット・ワールドマラソンメジャーズの6大会は、それぞれ独自にボーナスポイント勝負のロケーションを設定し、一定区間でのタイムトライアル勝負にするか、ある一地点での勝負にするか決定できます。一地点での勝負の場合は、最初にその地点を通過した選手に8ポイントが与えられ、区間設定の場合には、区間通過時点での順位によらず、区間ラップタイムが最も速い選手が8ポイントを獲得します。選手はシリーズⅫ中、最大3大会においてボーナスポイントを獲得できます。東京マラソン2019では、コースマップに示されている通り、品川折り返し地点(約36km)から約37km地点までの約1km区間のスプリント勝負となります。
ポイント獲得を目指す選手たちに、沿道から大きな声援を送りましょう!

コースマップはこちら

■群雄割拠の頂上決戦!

東京で、車いすマラソンのトップレベルのレースをお見せしたい――。そんな思いで、今年のエリート選手には、2018年中に行われたアボット・マラソンメジャーズ6大会の優勝者全員を含む、男子9人、女子8人の計17選手を招聘しました。「世界トップ」がずらりと顔をそろえる予定です。初出場選手も多く、展開が予測しにくい分、楽しみです。
まず、男子ですが、ボストンマラソン(4月)を制したマルセル・フグ(SUI)はトラックからマラソンまでオールマイティな絶対王者。先行逃げ切りもできれば、フィニッシュ前のスプリントも強く、昨年の大分国際(11月)では2018年度世界最速タイムとなる1時間23分56秒をマークしています。2017大会は2位、昨年は渡航アクシデントにより欠場だったので、東京初優勝を狙った積極的なレース展開に期待です。
ロンドン(4月)の覇者、デイビッド・ウィアー(GBR)は先頭で引っ張るよりは周囲を見ながら、誰かが動けばしっかり反応できる地力があります。初出場ですし、集団の中でどんなポジションを取ってくるか楽しみです。
ベルリン(9月)を制したブレント・ラカトス(CAN)は、実は100mを得意とするスプリンター。また、障がいの最も軽いT54クラスの選手が多いなか、T53と障がいが少し重いクラスの彼がマラソンを制したことは驚きですが、車いすマラソンの面白さも示してくれました。
シカゴ(10月)とニューヨークシティ(11月)で2連勝を飾ったのはダニエル・ロマンチュク(USA)です。招待選手の中では20歳と最も若く、勢いがあります。序盤からレースをかき回し、他の選手を刺激するような走りに期待です。
海外からはもう一人、韓国のユ・ビョンフンを招待しました。昨年の大分国際(11月)で3位に入った選手で、トラックで磨いたスピードを武器に、マラソンでも急成長しています。彼もラカトスと同じT53 ですが、二人とも小柄で軽量なので負担は少ないはずです。初出場の二人が最後まで絡み、スプリント勝負で持ち味を発揮してくれるかもしれません。

日本選手はまず、前回覇者の山本浩之(福岡)。招待選手の中では最年長のベテランで、東京のコースは得意としているので、しっかり合わせて臨んでくれるでしょう。大分国際で2位に入った鈴木朋樹(トヨタ自動車)は今、日本で最も勢いがあります。先頭で引くというよりは、集団の中で戦況を見ながら最後まで競ることができる選手です。逆に、大分国際5位の西田宗城(バカラパシフィック)は序盤から仕掛け、攻めた走りでレースを動かしてくれるはずです。一昨年の覇者、渡辺勝(トッパン)もポテンシャルは十分です。海外の強豪たちと渡り合える強い選手たちが集結しています。

女子は、昨年優勝のマニュエラ・シャー(SUI)が世界記録(1時間36分53秒)を更新する快走を見せたベルリンのほか、シカゴ、ニューヨークシティでも勝ち、絶好調です。ロンドンを制したマディソン・デ・ロザリオ(AUS)はT53の選手ですが、勢いがあり、フィニッシュ前の競り合いを制したスプリント力もあります。ボストンの覇者、タチアナ・マクファーデン(USA)は常に上位に入る実力者です。3人がいい流れを作ってくれると思います。
日本の喜納翼(タイヤランド)は大分国際で自己新(1時間39分36秒)をマークするなど着実に力を伸ばしています。世界トップ選手たちに最後まで食らいつき、メダル争いをしてほしいです。

このように、今年も男女とも実力者ぞろいの「贅沢なレース」になる見込みです。沿道で、テレビで、ぜひご観戦ください。2020年の東京パラリンピックを楽しむ準備にもなるはずです。
現在のコースは一般に、「フラットな高速コース」と評され、マラソンの部では好記録が誕生している一方、車いすマラソン出場選手からは「タフなコース」という声が聞かれます。実際、男子の優勝記録は2017年が1時間28分01秒、2018年が1時間26分23秒と世界記録(1時間20分14秒)からは少し離れています。
車いすマラソンでは、ペースメーカーがいないので選手それぞれがペースを維持し、自身の描くレース展開をつくらねばならない難しさもありますが、それが「醍醐味」でもあります。
実力的には世界新も狙える選手がそろっているので、ローテーションしながら縦長の集団で展開されるレースになれば、記録更新も十分可能でしょう。スピード感にあふれ、迫力ある車いすレースをぜひ応援し、楽しんでいただきたいと思います。

車いすエリート選手一覧はこちら ※2019年1月23日時点

副島 正純(そえじま まさずみ) 車いすレースディレクター プロフィール


パラリンピック銅メダリスト

【所属先】
一般社団法人ウィルチェアアスリートクラブ ソシオSOEJIMA
マラソン自己最速記録:1時間18分50秒(2011ボストンマラソン)
2004年より4大会連続パラリンピック出場

【略歴】
1970年生まれ。
23歳の時、家業である鉄工所を手伝い中に鉄板落下の事故により脊髄を損傷し、車いすの生活となる。入院中に障がい者スポーツと出会い、スポーツの楽しさに魅了され、車いすマラソンを開始。
2007年からは毎年ワールドマラソンメジャーズ大会に出場し、東京マラソン、ボストンマラソン、ニューヨークシティマラソン、ベルリンマラソンなどの多くのマラソン大会で優勝している。
2014年4月、自身も世界トップアスリートとして活動しながら、一般社団法人を立ち上げ、車いすの子ども達が世界レベルの競技者を目指せるような環境の提供と指導を行い、子ども達のチャレンジをサポートしている。

【主な戦歴】
2007~2009、2011、2013 東京マラソン優勝
2004 アテネパラリンピック 400m×4リレー 銅メダル
2007 世界陸上選手権大阪大会 車いす1500m 銀メダル
2012 ロンドンパラリンピック マラソン4位(日本人最高位)
2011 ニューヨークシティマラソン優勝
2007、2011 ボストンマラソン優勝
2007、2010 ベルリンマラソン優勝
2005~2010、2013~2017 ホノルルマラソン優勝
2008~2010 シカゴマラソン2位

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • セコム株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • HJホールディングス株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール