スポーツレガシー事業とは

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの
東京開催決定を契機に
スポーツそのものが持つ力に対
する期待や関心が高まる中、
特にオリンピックを単なるスポーツイベントに
終わらせることなく、
いかに社会に長期的かつポジティ
ブな影響を生み出していくことができるかどうかに注
目が集まっています。

このような環境下において、東京マラソン財団は、
競技スポーツやレクリエーションスポーツといった
枠組みを問わず
「スポーツ」が起点となって、
21世紀の東京そして日本に、
明るい未来につながる
「レガシー」を遺していきたい、
との想いで
「スポーツレガシー事業」を始めました。

同事業は、スポーツが後世に遺せるものは何か、
について語り合い、
実践する場を提供することで、
私たちひとりひとりがその本当の価値を理解し、
スポーツを軸とした新しいライフスタイルを
享受できる社会の実現を目指します。

4つのコンセプト

スポーツレガシー事業では、4つのキーワード
(夢、礎、広がり、力)を基に活動しています。

アスリートの強化、ジュニアアスリート育成、キャリア支援

スポーツの普及とアスリートの発掘・強化を目的としたスポーツ教室、強化トレーニング、また、指導者の養成研修などの支援に役立てます。

2017年度実施プロジェクト

・ダイヤモンドアスリートプログラム

スポーツ施設などの環境整備

ランニングを含むスポーツ全般の普及を目的に、ランニングコースやスポーツ施設などの環境整備に役立てます。

2017年度実施プロジェクト

・ランニングコース整備

スポーツ大会の支援及び普及啓発

市民がスポーツに親しみ健康管理を行うといった、各々のライフステージに応じた健康づくりを支援する活動など、生涯スポーツを推進する活動を応援していきます。

2017年度実施プロジェクト

・キッズアスレティックス×東京マラソンスタイル

・車いす陸上チャレンジサポート

スポーツイベント等を通した社会的課題解決への試み

スポーツは、困難に直面している人々、若者や子どもたちに勇気・希望、そして夢を与える力を持っています。スポーツイベント等を通して、社会的課題解決への試みや、 日本が元気になる環境づくりなどを支援していきます。

2017年度実施プロジェクト

・日本パラ陸上競技選手権大会

運営委員会

委員長 早野 忠昭      東京マラソンレースディレクター / 一般財団法人東京マラソン財団 事業担当局長

委員       為末 大    元プロ陸上選手

委員  大嶋 康弘   日本陸上競技連盟 事業部長

委員  内藤 典子   東京都オリンピック・パラリンピック準備局 スポーツ推進部調整課長

委員長

早野 忠昭 はやの ただあき

東京マラソンチャリティで集まった人々の想いを基盤としながら、「みんなの手で創り出し、つないでいくレガシー」というコンセプトを掲げ、「スポーツが後世に残すもの」つまりスポーツの「レガシー」の創造と継承を、東京マラソンのミッションとして取り組んでいきます。
東京オリンピック・パラリンピックを機に、私たちの生活が豊かで幸せなものになったと実感できるように、ぜひスポーツレガシー事業を応援してください。

委員

為末 大 ためすえ だい

今回のプログラムを通じて、日本のアスリートが人間的に成長し、引退後も含めその知見を生かしてスポーツだけではなく国際社会でリーダーシップを発揮してくれるはずです。 世界に影響を与える次のスポーツリーダーを育てる事が最も重要なレガシーだと私は考えます。

寄付金収入実績

寄付総件数・累計 869件 80,382,841円
内訳 東京マラソン2017 274件 寄付総額30,237,470円
東京マラソン2016 291件 寄付総額29,710,312円
東京マラソン2015 304件 寄付総額20,435,059円

※件数はのべ数です。