ランナー

東京マラソン2018のエントリー情報をはじめ、東京マラソンへの参加をご希望される皆さまへのご案内です。

救命救急情報

あなたも人助けができます

担当:喜熨斗智也(救急救命士)

第4回 AEDの使用方法

マラソン中にランナーが突然、心肺停止に陥る原因の多くは『心室細動』という不整脈によるものです。心室細動とは、心臓が痙攣したようにブルブルと震え、全身に血液を送ることができない心肺停止状態のことを言います。 この心室細動に最も効果がある処置が『AED』による電気ショックです。心室細動に対するAEDの効果は、電気ショックが1分遅れるごとに救命率が10%ずつ低下していくため、心室細動を起こして倒れた場合は一分一秒でも早く AEDで電気ショックを行う必要があります。今回はAEDの使用方法についてお伝えします。AEDという名前は知っていても、使い方までは自信がないという方は是非一度お読み頂ければと思います。

「AEDの使用方法」

AEDの電源を入れる

写真のAEDはふたを開けると電源が入ります。日本国内には電源ボタンを押すと電源が入るタイプのAEDもあります。電源を入れると音声アナウンスが流れますので、しっかりとアナウンスを聞いて、指示に従ってください

AEDのパッドを取り出す

袋に入っているAEDのパッドを取り出します。パッドは1セット2枚です。

パッドを胸に貼る

・パッドを1枚ずつはがし、右肩左脇腹にそれぞれ貼ります。
・患者の服をはだき、パッドは肌に直接貼ります。
・胸に汗をかいている場合はタオル等で拭いてからパッドを貼って下さい。
・パッドの貼った下には(金属類や貼り薬など)何もないようにして下さい。
・パッドを貼っている最中も救助者が複数人いれば、胸骨圧迫をできるだけ続けて下さい。

心電図解析のアナウンスが流れる

電図解析のアナウンス(AEDが「離れて下さい」と言ったら)が流れたら、写真のように離れ、さらに誰も患者の体に触れていないことを確認します。

ショックが必要かどうかのアナウンスが流れる。

「ショックが必要です。」とアナウンスが流れ、ショックボタンが光ったら、必ず患者に誰も触れていないことを確認してからショックボタンを押して下さい。

電気ショック後の対応

電気ショックを行った後、アナウンスに従い、すぐに胸骨圧迫を開始します。反応が出るまでは絶え間なく胸骨圧迫を行うようにします。また、AEDは繰り返し2分ごとにアナウンスが流れ、心臓の動きを解析し、必要があれば電気ショックを繰り返します。そのため、AEDの電源は付けたまま、パッドも貼ったままにしておいて下さい。

以上のように、AEDの使用方法は特に難しいことはありません。AEDの使い方は以下動画でもご覧いただけますので、是非ご覧ください。

東京マラソンではこれまで、心肺停止に陥ったランナーに対して、東京マラソンの救護スタッフが到着するよりも前に、近くを走っていたランナー、観客、交番の警察官等が心肺蘇生やAEDを迅速に実施し、見事に救命したケースがありました。東京マラソンではAEDを持った救護スタッフも巡回し、急病人が出たときはすぐに駆け付けますが、万が一、目の前でランナーが倒れた場合は救護スタッフが到着するまで、迅速に心肺蘇生法を行い、近くにAEDがあればすぐに使うようにして下さい。

  • 東京メトロ
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • カゴメ株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • セコム株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール
  • Premier Partner
  • 東京メトロ
  • Major Partners
  • スターツ
  • 山崎製パン株式会社
  • アシックスジャパン株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • Main Partners
  • ビー・エム・ダブリュー株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • セイコーホールディングス株式会社
  • 東レ株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社
  • Active Partners
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  • アサヒビール株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
  • 全日本空輸株式会社
  • カゴメ株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • コニカミノルタ株式会社
  • セコム株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 大和証券グループ
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • Supporting Partners
  • 日本光電
  • コーユーレンティア株式会社
  • 株式会社シミズオクト
  • EMTG株式会社
  • 株式会社ドール